指に美しい輝きを与えるリング|理想の結婚指輪を見つけよう

男女一緒に選ぶのが主流

夫婦

ダイヤモンドの意味

もともと欧米でのしきたりであった結婚指輪が日本で本格的に用いられるようになったのは今から約60年前です。このころ生活の欧米化が本格的になってきており、その一つとして結婚指輪が一般的に利用されるようになったのです。結婚指輪は、既婚の男女が左手の薬指に着用する指輪です。一昔前までは、男女共に同じデザイン、同じカラーの結婚指輪を着用する事が一般的でした。しかし、現在では、個々の好みに応じて指輪を選択するカップルが多くなっています。また、ハワイアンジュエリーなど個性的な結婚指輪を選択するカップルも増加傾向にあります。

値段は給料三か月分でない

結婚指輪を購入する際、サイズ選びが重要になります。長く着用するジュエリーになるので、ピッタリのサイズを購入しましょう。中には、大きめのサイズを選択する人もいますが、大きめのサイズだといつのまにか外れて紛失をしてしまうこともあるのです。なので、スタッフにサイズをきちんと測ってもらい購入しましょう。また、アフターサービスを提供しているジュエリーショップで購入することをオススメします。毎日着用すると皮脂で汚れてくることがあります。しかし、アフターサービスがあるジュエリーショップであれば、定期的に洗浄をしてもらうことが可能です。いつまでも輝く結婚指輪を着用できます。また、購入後数年間は、無料で修理を行なっていることもあります。その場合、ギャランティカードなどが必要になることがあるので大切に保管しておきましょう。