指に美しい輝きを与えるリング|理想の結婚指輪を見つけよう

夫婦が納得できるものを

リング

意味合いの違い

結婚指輪は、結婚したという証明として夫婦2人が揃って身に付ける指輪です。婚約したという証に男性が女性に贈る婚約指輪とはその意味合いについて明確な違いがあります。結婚指輪と婚約指輪のデザイン面においての差異がわからないという方もいらっしゃいかもしれません。簡単に言ってしまうと、結婚指輪は婚約指輪に対して比較的シンプルなものが選ばれており、婚約指輪は華美なものが選ばれるのが主流です。この違いは、普段から日常的に身に付けるものである結婚指輪と、フォーマルな場で着用される婚約指輪という、それぞれの持つ意味合いの相違によるものです。したがって、結婚指輪は日常生活で邪魔にならないように細身のリングを選ぶ方が多く、婚約指輪は大きめの宝石が用いられているものが選ばれる傾向があります。

2人で身に付ける指輪

結婚指輪の相場は20万円台であり、今後も大幅な変動はないものと予想されます。それは、結婚指輪が日常的に身に付けるものであるというイメージが広く浸透しており、普段の生活において邪魔にならないよう、シンプルなデザインのものが選択され続けることが想定されるからです。しかしながら、最近では婚約指輪との重ね付けをする方も増えてきていす、お出かけの際にのみ身に付けるという方もいらっしゃるでしょうから、その場合は凝ったデザインとなる場合もあります。いずれにせよ、結婚指輪は長く日常的に身に付ける指輪でありますので、納得のいくものを選ぶことが大事です。その場合においても、夫婦2人で着用するということを念頭に、相手の意向も確認しつつ選択するようにしましょう。